おかっぱのような髪型になる原因と育毛対策

おかっぱといっても女子がするような髪型ではなく、男性がおかっぱになるというとこんな髪型を想像することでしょう。頭頂部だけ薄くて、側頭部の髪が多いのも一種の男性のおかっぱの髪型になります。頭髪が薄いことがコンプレックスで髪を伸ばし、そして頭頂部だけ成長しない髪型は、男性型脱毛症が疑われます。育毛と場合によっては発毛も求められます。

男性型脱毛症はAGAという名称で認知されつつあります。CMでも見かけるようになり、画期的な医薬品が登場し、薄毛を解決できる可能性があります。AGAの原因は、男性ホルモンにあります。男性ホルモンは男性らしさを醸し出すための欠かせないホルモンであり、そして男性の活力になるものですが、脱毛を促進させる悪玉の男性ホルモンが産生されることにより、頭頂部や生え際が薄くなる症状です。原因が悪玉の男性ホルモンになりますので、この男性ホルモンの対処がまず最初の治療になります。

この原因を取り除くのは、飲む育毛剤として認知も高くなっているプロペシアが担います。悪玉の男性ホルモンが産生されるのを防ぐ効果があります。AGA治療はこの男性ホルモンを阻害させることが最初の目的であり、使われる医薬品や手法は違えど、この原因を取り除くことが先決になります。プロペシアは育毛剤として活躍しますので、発毛が必要な場合は他の医薬品を使わないといけません。

その医薬品はミノキシジルになります。発毛を施す成分であり、日本では唯一発毛効果が認められている成分になります。まずはプロペシアとミノキシジルによって、育毛と発毛を生むことが最初の治療になります。医師と相談して、良い育毛生活を送るようにしてください。